img_3899_main

次世代AGV「WYNシリーズ」の開発

床に磁気テープやガイドラインを設置することなく、施設や工場にとても簡単にコースを設置して
自動走行させることができる次世代の無人搬送車「WYNシリーズ」を開発いたしました。

1. 自己位置自動認識センシング機能

従来のAGVは、磁気テープやガイドラインを利用しているため、レイアウト変更には多くの費用と時間が必要でした。
当社の次世代AGVは磁気テープが不要の「自己位置自動認識センシング機能」を搭載し、自由な搬送経路の設定が可能となっております。
ルート変更もコンピューター上で即座に実施することが可能で、パターンを登録すると何通りもルートを切り替えることが出来ます。

2. 24時間稼働を可能とするワイヤレス給電システム(オプション)

ワイヤレスの給電システムを付けることで、次世代AGVの24時間稼働を実現させます。
給電位置には自動で立ち寄り、給電後には自動で復帰しますので手間いらずです。

3. 高精度のワーク受け渡しを可能とするX-Y-θユニット(オプション)

AGVの停止位置とワーク受け渡し位置の高精度位置合わせユニット「X-Y-θユニット」を搭載することも可能です。
各装置に対して、AGV操作位置誤差を補正し、高精度のワーク受け渡しを実現します。

その他の取り組み

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせは担当者が直接ご対応いたします。
メールまたはお電話にてお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

田辺工業㈱東京本社

03-5207-7140(代表)

(平日9:00~17:00)

その他のお問い合わせはこちらから